葉酸サプリメントおすすめランキング

意外に有名?葉酸の貧血効果

ここでは、葉酸の貧血に対する効果について紹介しています。

葉酸と貧血は関係があるの?

一般的に言われる貧血は、鉄欠乏性貧血という、鉄分が不足することから生じるもので、妊婦さんにみられるのも、通常はこのタイプの貧血です。葉酸の不足が原因で起こる貧血もあります。それは巨赤芽球性貧血と言われ、赤血球が巨大化し、きちんと機能しないことから起こる悪性の貧血です。

血中でヘモグロビンとして鉄を運ぶ赤血球が、体内で正常な形として作られるためには、葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12・タンパク質が不可欠です。
これらが不足してしまうと、赤血球が作られる際に細胞分裂や増殖を行うことができず、骨髄に赤血球になりきれず大きくなった赤芽球、巨赤芽球が溜まっていきます。結果として、赤血球が鉄分を円滑に運べなくなるので、貧血症状を起こすというものです。

自覚症状は立ちくらみや倦怠感など、よくある貧血の症状に加えて、ちくちくした痛みや感覚消失、神経過敏などがあります。巨赤芽球性貧血が長引くと、血小板や白血球に異常をきたすこともあり、様々な症状が表れるのが特徴です。

基本的には、注射や薬剤でビタミン補給することによって治療でき、すぐに入院が必要になるようなことはほとんどありません
ただ、症状がゆるやかに進むため、逆に気付きにくく、ただの体調不良と片付けてしまうこともあります。
いつもよりも疲れやすかったり、神経過敏の症状がある時は、病院で血液検査を受けましょう。

貧血を予防するために効果的な葉酸の摂り方は?

貧血の予防には、積極的に葉酸を摂り入れることが効果的です。

貧血というとすぐに鉄分をとること!と言われますが、葉酸やビタミンB12は、造血のビタミンともいわれるほどの優れもの。もし悪性貧血ではなく、鉄欠乏性貧血であったとしても、ぜひ摂りたい栄養素です。

葉酸が多く含まれる食材は、青い葉物野菜や豆類。代表的なものとしては、ほうれん草・春菊・小松菜・アスパラガス、枝豆・大豆です。レバーやアボカド、いちご・メロン等にも多く含まれます。
葉酸は加熱調理されると減少・消失してしまうので、出来るだけ生で食べるようにしましょう。

ただ、食事だけで一日に必要な基準量とるには、大量に食べることになり難しそう…したがって、上手にサプリも活用し毎日継続して栄養素をとっていけたらいいですね。

元気な妊娠・出産のための
葉酸サプリ活用サイト

葉酸で元気に妊娠・出産
貧血予防や細胞の修復、心疾患の予防など、さまざまな健康効果で妊娠・出産をサポートしてくれる栄養素「葉酸」の活用法についてまとめたサイトです。

出産を控えたプレママさんや妊活中の女性に向けて、手軽に葉酸を摂れるサプリメントのランキングも発表。女性にとって人生の一大イベントである出産を、母子ともに元気にやり遂げるために。参考にしていただければ嬉しいです。

 
葉酸サプリメントおすすめランキング