葉酸サプリメントおすすめランキング

一緒に摂りたい成分は?

葉酸と一緒に摂ることで相乗効果が得られる栄養素があります。葉酸を効率的に摂取する手助けをしてくれる成分とは?

葉酸の効果をよりアップさせる栄養素

葉酸は、単体で摂取しても体に吸収されにくい栄養素のひとつです。葉酸を効率よく摂り入れるために、欠かせない栄養素というものがあります。それが、ビタミンB6とビタミンB12です。

ビタミンB6はタンパク質がエネルギーとして使われる過程で補酵素として働く成分。ビタミンB6が不足すると、アミノ酸の代謝が滞り、湿疹や貧血、免疫力低下、アレルギー症状などがあらわれることがあります。

葉酸とビタミンB6を一緒に摂ることで、ホモシステインを違うアミノ酸に変質させ、血中の濃度を下げる働きをします。動脈硬化や心臓病のリスクを低減させる効果が期待できます。

ビタミンB12は、葉酸とともに赤血球中のヘモグロビンを生成する役割を担っています。 神経細胞の機能を正常に保つ働きがあり、DNAの合成に不可欠な葉酸がきちんと働くためには、ビタミンB12が欠かせませんニンニク画像また、神経痛の治療薬として用いられることも多く、腰痛・肩こりの原因でもある末梢神経の傷を改善する効果もあります。

ビタミンB6はニンニク、マグロ、レバー(牛)、カツオ、鶏ひき肉、イワシなどに、ビタミンB12は、しじみや赤貝、すじこ、レバー(牛)、あさり、のりなどに多く含まれています。

葉酸を調理するときの注意点

葉酸は、レバー、トウモロコシ、枝豆、モロヘイヤ、ホウレンソウ、アスパラガス、カリフラワー、イチゴ、アボカド、マンゴー、納豆などに多く含まれています。

こうした食材をバランスよく食べることで、葉酸がしっかり摂れると思いきや、葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶けやすいという弱点があります。たとえば茹でる場合、枝豆なら約20%、ホウレンソウなら約60%が失われてしまうのだとか。

さらに、光や熱にも弱いため、冷暗所に保存し、新鮮なうちに食べ、加熱するときは、熱を入れすぎずに、さっと調理をすることを心掛けなければなりません。

元気な妊娠・出産のための
葉酸サプリ活用サイト

葉酸で元気に妊娠・出産
貧血予防や細胞の修復、心疾患の予防など、さまざまな健康効果で妊娠・出産をサポートしてくれる栄養素「葉酸」の活用法についてまとめたサイトです。

出産を控えたプレママさんや妊活中の女性に向けて、手軽に葉酸を摂れるサプリメントのランキングも発表。女性にとって人生の一大イベントである出産を、母子ともに元気にやり遂げるために。参考にしていただければ嬉しいです。

 
葉酸サプリメントおすすめランキング